ティオンオフィス(TiON In Office):沖縄県うるま市高江洲にある歯科医院 ふたば歯科クリニックのホームページです。

ティオンオフィス(TiON In Office)

  1. トップページ
  2.  > ティオンオフィス(TiON In Office)

ティオンオフィス Tion In Office

TiON In Office

ティオンオフィスとは、2010年に日本の最大手の歯科材料会社の一つであるGC社が
開発し、厚労省の薬事法認可を受けたホワイトニングシステムです。

一般に、オフィスホワイトニングはその日の内にホワイトニング効果が求められるため、高い過酸化水素濃度のホワイトニング材を用いる必要があります。しかし、濃度が高くなればなるほど知覚過敏など有害事象発生のリスクも高まってきます。ティオンオフィスは新技術「可視光応答型光触媒V-CAT(TiO2-xNx)」の応用により、比較的低い過酸化水素濃度での高いホワイトニング効果と、低刺激性(しみにくい)を両立させた新しいオフィスホワイトニング剤です。

ティオンオフィスの特徴

「V-CAT®(可視光応答型光触媒)」により、高い漂白効果と低刺激性の両立を実現
 リアクターに含まれる可視光応答型光触媒V-CATは、光照射されると電子を放出し、過酸化水素と反応します。このことにより、ヒドロキシラジカルがより多く発生し、着色物質を効率よく分解します。このため、ティオンオフィスの過酸化水素濃度は約23%と比較的低濃度でありながら、高いホワイトニング効果を実現しました。

TiON In Office

透明感のある自然な白さに
ホワイトニングジェルのpH値は約6で、エナメル質を脱灰しにくく、自然な透明感のある白さが得られます。

安全な光波長域で反応
一般的に二酸化チタン光触媒は、人体に対して有害とされている紫外線域の光にしか殆ど反応しません。一方、ティオンオフィスに採用している可視光応答型光触媒(V-CAT)は、二酸化チタンの酸素の一部が窒素に置換されることによって、紫外線域の光だけではなく可視光線域の光にも充分に反応し、歯科用照射器を用いたホワイトニングの応用が可能となりました。

TiON In Office

安全な光波長域で反応

TiON In Office

光源にLEDを使用。発熱が少なく、長時間の使用でも患者様にやさしいホワイトニングを実施します。
開口部が広く、広範囲を一度に効率よく照射します。また、照射光も紫外線を含まず安全です。

オパールエッセンス

TiON In Office

オパールエッセンスは、「白くきれいな歯」への意識が高い審美歯科の先進国アメリカでも人気のある安全なホワイトニング剤です。

オパールエッセンスは粘性が非常に高く、一般のホワイトニングジェルに比べ、トレイから漏れ出ることは少ないです。口腔内での着用も不快感がありません。

オパールエッセンスでホワイトニングした生活歯は長期にわたってシェード(歯の白さ)が持続します。

また、PF(硝酸カリウムとフッ化イオン)配合で知覚過敏を軽減します。

お問い合せはこちら

大嶺医院へのお問合せ先

ふたば歯科クリニック

ふたば歯科クリニックの外観

〒904-2242
沖縄県うるま市高江洲1029-3 2F

TEL : 098-974-9993

診療時間

診療時間 土祝
09:30~13:00
14:30~19:00

土・祝…午前9:30~12:00
土・祝…午後13:00~16:00

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 口腔外科
  • インプラント
  • ホワイトニング

支払い方法

  • クレジットカード各種
    診療時間表
  • デンタルローン取扱い

トップへ戻る